適当でのんびりな恐竜。

ECOフリ鯖で蠢いている緑色恐竜の寝言。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

魔が差した。

日常生活において、誰しも魔が差すということがあります(断言)。
例えば、「最初はグー」で「パー」を出したり、授業中に居眠りしたり、自転車で道路の真ん中を突っ走ったり。
自分の中に「してしまうかもしれない」と一度でも思ってしまったことは、
魔が差してしまうのだと思います。

だから、この話をする前に、
わたしの過去話をしなければなりません。
そう、あれは……。
兄のDCでPSOをプレイして気に入り、自分のGCでPSOを購入した頃のこと。
レイキャシールのキャラクリエイト中でした。
体の色というかなんというかを、うーむうーむと悩みながら考えている時。
ふと、電流が走ったのです。
レイキャシールはスカート状のパーツがあったように思うのですが、
プラスして、ブーツというか靴下のようなパーツもあったと思います。
そう、今でいう「絶対領域」を、その当時そんな単語すら知らないわたしは、見つけた。
そして、確信したのです。

「この長い靴下のようなものがあるとないとでは、スカートの丈の長さに差異があるように感じる。
 つまり、長い靴下っぽいのがあることで、通常よりもなんかえろい!」

その数年後、絶対領域という単語を知り、わたしが歓喜したのは言うまでもありません。
そう、わたしと絶対領域の出会いは、PSOだったのです……。

「ツンデレ」という言葉ができる前から「ツンデレ」は存在したように、
「絶対領域」という言葉を知る前のわたしにも、「絶対領域」は存在したのです。

しかし、名前が定義されてしまうと、色々と崩れてしまうものもあると思うのです。
「草食系男子」という言葉を少し前に聞きました。
その言葉が誕生する前から、「草食系男子」は存在した。
でも、言葉が生まれてしまったから、生粋の草食系男子という存在が薄れ、
「草食系男子である男子」というものに変わってしまったのではないでしょうか。
「オタクである人」や「ツンデレである人」など、定義に倣っているだけの偽物が生まれてしまう。

とはいえ、「絶対領域」は良いものです。


ここで回想終わり。
つまり、わたしには膝上靴下というものに対する興味があった。そういう話でした。多分。
で、興味がある。
ことに加えて、最近は寒く、防寒に優れたズボンをあまり持ち合わせていないという状況があり。

「膝上までの靴下を履けば暖かいんじゃないだろうか」

という魔が差したのでした。
その思考までは、今まで何度か至ったことがありました。
でも、男性用の靴下と言えばハイソックスまでしか見たことがなく、
膝上以上は、女性用という印象が強かった。

しかし、生理用品ならまだしも、靴下に専用性別があるとは思えない。
(ECOではありますけれど)

そして昨日。
近くの100円ショップで、オーバーニーソックスを発見してしまったのです。
そして、魔が差した。
あの時の感覚はそう、「少女漫画を初めて買ったとき」に近かったと思う。

結論。
わたしは確か26か27くらいなのですが、サイズ22-25でも、普通に履けました。
とはいえ、やはり小さかったのか、
無理なく履こうとしたらハイソックスになりました。

普通に厚手のハイソックス買った方がよかったかなーと、多少後悔したのですが……。

ただ、あまり長い靴下を履いたことがなかったので、
とても面白い経験ができました。
定価1050円のものが、古いモデルということで105円で売っていたわけで。
凄く安上がりでしたしね。

皆さんも是非、魔を差してみてください。
そして、買った靴下をどうしたらいいのか激しく悩んでください。
魔が差したときって、その後が困るのよね……。
別窓 | リアル徒然 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<冬が来た。 | 適当でのんびりな恐竜。 | 新年明けてましたありがとうございます。>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 適当でのんびりな恐竜。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。