適当でのんびりな恐竜。

ECOフリ鯖で蠢いている緑色恐竜の寝言。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

なんだこのブログ、ECO臭がしねぇ。

3次のレベルキャップが解放されたら本気出す。
なんかこう、ECOしてなさそうな気配がものすごくするかもしれませんが、

東海岸育成場のベジスティックショップは今日も通常営業中です。
そう言えば、最近ベジショップの隣にお店ができたのですよね。
多少高くても、カエルの干物の方がわたしは良いと思います。どうせなら、ね。


というわけで、今日も今日とて、
ゲーム製作中の独り言を晒しあげ。

なんていうか、素人が素人なりに、
四苦八苦している姿を見て楽しんでください。

文章って言うのは、読むものじゃないんですよ。
その文字に込められたオーラを感じるものなんです。
言葉が理解できなくたっていいんです。

だって、わたしも理解できないもの。






さて。
楽しんでいますか?
クリエティブに物事を見ていますか?
一旦、もやもやしたものを全部吐き出して、
深呼吸をして、再び吸い込む。
そしたらきっと、咽る。
無理は禁物。油断も禁物。ただ、自分らしく。ただ、自分であれ。
というわけでお休みなさい。
そして、無理せずに頑張れ。あなたらしく。わたしらしく。

なんか一気に実装し過ぎて、バグのオンパレードだね。
攻撃処理面倒すぎる。
とりあえずは、妖術及び使役カードのみ攻撃可能な感じになりそう。ぐへへ。
装備カードで攻撃する場合は、右クリックで装備を選択して、そこから攻撃って感じになるのかな。
プレイヤーに対する攻撃の時は、装備があるかないかで色々と操作を変える必要がある。
要するに、装備カード、おまえめんどくさいよ、である。
あとはそうだなー。特に困るところは無いかー。
さて、なんか微妙に形になったところで、今日は終わろうか。
今日が残り1時間切ったけど、勉強しましょう。

デッキ組むのが楽しいとか言ってないで、ゲームの舞台を作りなさい。
じゃないと、遊べないよ?
とは言え、牛歩ではあるけれど進んでるよね。
きっと、完成は三年後。

あ、いけない。
1日と少し組まなかっただけで、何がなんだか忘れてしまった。
といいつつ、思いだしそうな気もする。
ま、がんばろう。
なんだか面倒なので、プレイヤーに攻撃する時は、装備0が壁になってくれます。やさしい!
でも、プレイヤーが攻撃する場合はどうしようもない。がんばるか……。
それができたら、おおよその骨格が完成した感じになるのかしら。
あ、プレイヤーHP0時と山札0枚時の処理考えてなかった。
……そっちのが簡単そうだし、明日はそっちからやるかなぁ。
自動車がっこのせんせ、明日は仕事休む予定だとか言って、明日はフリーだからなー。あはー。
今日はテストお疲れ様。
きちんと勉強していないからあんなことになる。
まあ、睡眠時間の方が大事だとは、わたしは思うけれどね。それじゃ、お休み。

山札補充が、ちょっと満足行くのができた。
なんか嬉しい。きゃぴきゃぴ。
キャラライフ0以下時の処理もとりあえず実装。
細かいところは後のちー。
ちょっと気が向いたので、戦術カードの実装に移るよ!
威力+と耐久+の実装はできた。けど、やっぱりここでも装備カードが……。
あーもう、こいつどうしてやろうか。
装備カード関係で、進展した……。まじで、嬉しい……。
卯あー、でもバグいっぱいだー。うぎゃー。
3種カード使用時、ようりょくが足りない場合に何らかの不具合が生じています。
……。
なんだろう。
装備カードは今現在のわたしだと厳しそうだから、
装備でなく防具として考えよう、かな……。
現在までのソースをバックアップしておいて、
一度、防具として構成しなおしてみようと思う。
なんだろう、ここまでの努力が水の泡になる気がするけど、限界。
根本から変えないとどうしようもない気がするし、それで、いいや……。
んーう、名残惜しい。
とはいえ、簡単にどうこうできそうにも、ないしなぁ。
とりあえず、ご飯食べて一旦気持ちをリセットしよう。
その時に、決める。その時に。

装備カードを防具専門とすると、
妖術と使役の区分がいまいち曖昧になってきた。
どこかで差別化出来ないものだろうか……。
妖術というのは、術であって実態はない。
しかし、使役というのは実態を持つ。
ということから、妖術は移動において消費妖力が一律1というのはどうだろうか。
そして、移動範囲は3。
あ、移動時にすり抜けとかできちゃうのか。別にいいや。

さて、一番の難所でもある敵ターン処理ですよー。
これはどうやって作ればいいのかも結構危うい。情報収集から入るかねぇ。
おかしいぞ、情報収集のはずが、普通にネットサーフィンしてた。
ま、楽しかったからいいか。
おやすみ。おやすめ。

敵が、動いた……!!!
でも、いまいち条件付けが上手くいってない感じがする……。
あとはそうだな、これきっと完成しても敵弱いな。
あとはー、うーん。
攻撃処理が上手くできればよいなー。
配置処理と攻撃処理に見直しが必要。
射撃ではカードに対して攻撃が行えなかったり、不自然な箇所に召喚が行われていたりする。
恐らく、カードの指定の仕方や座標の指定の仕方に問題があると思われる。
というわけでおゆはん。

また少し時間が空いた。
結局、キャラ絵等は自分で描くことにした。
早速2キャラ描いたけれど、うーむ。
まあ、自分の絵だし自分のキャラだし、気に入ってはいるけれど。
……よしとしよう。
さて、敵ターン処理は、召喚のバグ取りが大体おわったかしら。
致命的なバグが1個残ってる気がするけれど、原因がわからない……!!! がくぶる。
次は移動処理。
あとは攻撃処理。
これ、攻撃可能かどうかの判定を行うのが重要になるよね、きっと。
350 - 266 = 84

キェェェェェェアァァァァァァウゴオイタタァァァァァァァ!!
なんかこう、繰り返し処理の不等号を間違えたり色々あったけど
敵さんが動いてくれました。
きっとバグあるだろうけど、とりあえず動いたことに乾杯。
今日は攻撃処理まで仕上げて、勉強しよう。
その前に、ちょいと夕飯だよー。

攻撃処理完成?
相手の動きがめちゃくちゃだけど、一応勝負らしきものはできた……きがする。
じゃあ、次はチュートリアルづくりに入るかー。
わーい。

敵の攻撃処理と移動処理に不自然なところがあるなぁ。
なんでだろ。
ひとまず乾杯。
頭が弱い子だけど、動いてくれただけで嬉しい。
とりあえずは、この雑魚ちゃんで行こう。気が向いたら思考回路をショートさせていくと。
今すぐ遭いたくはない。バグに。
さてはて、一応メインメニューも実装。
んー。
中学二年生が考えそうなストーリーでも書いていくかなぁ。
1970年代、のくだりから入るやつ。
結構お気に入り。むしろあの話が全ての始まりだしなぁ。

いや、その前にSEだ。

手札配置時のバグは健在だそうです。
あれほんと原因なんなんだろ……。

にゅーん。
今日は一体何をしたんだろうか。
まあ、色々したけれど。
1970年代のくだり、より具体的に1965年前後にした。
というか、あの本の信憑性は如何ほどなんだろう。
個人的には信頼できる情報だとは思ったけれど。楽しかったし。
まあよいか。大体史実とも合ってる気がするし。
そんなこんなで、おやすみなさい。
明日はきっと、明日ですわ。

さて、2月21日までに少し形にしなけりゃならなくなった。
とりあえず、プロローグ、第一話までを目安に頑張ってみよう。
BGMとかも色々物色しながら……。
妖怪云々のモノローグ → 日照雨と森羅の家? →
外に連れていくか → 練習しますか? チュートリアル

ストーリー進行の為に色々と組みながら、知り合いにデバックさせてみる。
移動処理中に、マップの外に移動してしまう不具合。
また、相手陣営の最端までたどり着いた後、戻れなくなる不具合。
を、確認してくれました。両方未確認だった!
キャラが右と下にしか移動できないバグらしい。
原因発覚。よかった。
やっぱり自分が作ったものだから、慣れが生じてしまう。
もしくは、プレイにおける癖、だろうか。
その結果があれだ。
うむ。
データ渡してよかったわ。



1970年のくだりというのは、
「日本人はなぜ狐に うんたらかんたら」という本のことです。
そもそもこの世界観は、その本を読んだことをきっかけとして出来ました。
信憑性は知らない。創作の世界にそんなもの必要ない。
世界ってのは定義次第ですもの。

2月21日というのは、
大学のC言語の最中に、5時間で作ったババ抜きをTA(ティーチングアシスタント)の人に見せたら、
その授業の担当教授でもある方のゼミで、
なにやら発表会があるらしく、それに参加しないと単位あげないと言うことだったので、
参加することになったというものです。
最後に出てきたデバッガーさんも一緒に出ます。
彼は、コマンドプロンプト上で動くすごろくを作ったそうです。

あ、ちなみに単位の話は嘘です。
別窓 | 自作ゲーム? | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<ダンガンロンパ | 適当でのんびりな恐竜。 | プログラミングが楽しくて仕方ない。>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 適当でのんびりな恐竜。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。