適当でのんびりな恐竜。

ECOフリ鯖で蠢いている緑色恐竜の寝言。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

大学のゼミの研究とかの発表会に行ってきた。

三年生になったらゼミに入って、
そのゼミごとで、研究したことの発表を行うそうです。

M1二人、M2一人、4年二人、3年余り

という人数構成で、
あと教授と助手か準教授かのおじさんが居ました。


わたしと友人がなぜそんな発表会に参加することになったかと言うと、
M2の彼が、C言語の授業でTA(ティーチングアシスタント)をされてたのですね。
で、……って、これどこかで書いた気がする。
まあいいや。
で、2年生であるわたしと友人が、発表してみーひん? とお誘いを受けたわけです。

わたしが設定した題目は、「DXライブラリを用いた自作ゲーム」です。
会場に行ってみると、
ゴテゴテの数学の研究を発表されてたり、
暗号化ということについて研究したことを発表されてたり、
場違い感が半端なかったです。

ゲームを作成してはっぴょうーというのは、
わたしの前に2グループ、共に3人組でしたが、ありました。
シューティングゲームと、戦略RPGでしょうか。
その次に発表ということだったので、緊張していたのですけれど、
その二つのゲームを見て思ったのは

その程度のこだわりでいいのか

というものでした。
シューティングゲームの班は、単純ですが、ムリゲーでしたが、
おもしろそうだなーというものができていました。

一方で、戦略RPGの方は、
キャラのドットはフリー素材……というのはまあ良しとして、
音声素材とおまけ(?)につけていた映像素材は、版権物でした。

共に、システムや行っていることは、
やっぱプログラムってすげーなーというような、
協力して作り上げたんだなぁというものだったのですが……。


なんだろう。
もう少し、ゲームとして拘ろうよ。
なのはのディバインバスターを流せる等にしましたーってさ、
ただ映像流す関数使っただけだろうに、ライブラリに恐らく入っているのを……。

シューティングゲームの方は素敵でした。
こちらはてってーてきに褒めます。
ただ敵AIが鬼畜なのは、恐らくデバッグが足りなさすぎるからだと思います。


わたしが何かを作ったりすると、
いつも、小さい集団における発表においては完成度は高い方になるんですよね。
ただ、わたしのが凄いと思う人は、全体的にがんばりが足りません。

できない人、やらない人よりは上手。
ザ・平均以上がわたしの特技だと思ってます。

なんだこのオチ。
別窓 | リアル徒然 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<イライラするときは……。 | 適当でのんびりな恐竜。 | ダンガンロンパ>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 適当でのんびりな恐竜。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。