適当でのんびりな恐竜。

ECOフリ鯖で蠢いている緑色恐竜の寝言。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

BCF2013ヴァンガードステージ

最近めっきりブログを更新していなかったのですが、
以前よりもECOのin率は上がっている恐竜さんですこんばんは。

なんていうか、色々なことをしたとしても、
それはかつてしたことであって、
真新しさ……があまりないのですよね。うへへ。
ロアイベントのSSまとめは、ネタばれ等の兼ね合いで、数ヶ月遅れで更新していきます。
1ヶ月遅れじゃないのは、気分が乗ったときに書くからです!


というわけで、題目。
本日開催されましたヴァンガードの公式イベントにひょっこり遊びに行ってきました。
この手のイベントに参加すること自体初めてなので、
ドキドキしながら……というよりはキョロキョロしながら向かいました。
大学時代に住んでいたところだとちょっと遠出しないとだったのですが、
今住んでいる場所からだと徒歩圏内だったので楽でした。

以下、ながながと。
9時前。
受付が9時までと聞いていたので、15分くらい前に到着しました。
各ショップでの大会を勝ち抜いて参加権利を得た人たちが並ぶ列と、
申込すれば出れるVG甲子園(3人の団体戦)と、甲子園の当日受付の列と、
あとはそれらのジュニアクラスの列などありまして、

わたしはそれらに出る予定はなかったので、
ひとまず物販の列に並びました。
係のおねーさんにPRカードをいただけました。
今度出てくる「リンクジョーカー」というクラン(ユニットの所属する組織)のカードで、
使い勝手の良さそうなファーストヴァンガード(ゲーム開始時に場に置くカード)でした。

6月22日発売の「侵略の星輝兵」に収録されている
ファーストヴァンガードはバニラ(効果なし)だから、
是非このカードを使って遊んでみてね!
要するに、買ってね!


という運営サイドの熱いメッセージを感じました。

この時点で驚いたのは、男女比でした。
男性が多いのは確かなのですが、
ゴスロリ風味というか、パンク風味というか、
ふわふわしたロングスカートというか、
一般的(?)なオタク趣味の女性っぽい服装をされた女性が予想以上に散見されました。
男性陣もそんな服装の人が多かったのはいうまでもない。

というわけで、9時を過ぎると開場で、
物販コーナーは人が多かったので牛歩で進んで、
会場限定のカード入れ(300円)を購入して、わたしは向かったのです。

そう!

カードファイトをするために!

受付で紙を貰って、そこに名前と成績を書くのですね。
マッチング自体はスタッフさんが行ってくれます。
で、3試合ごとにカードファイトパック(公認ショップ大会に参加すると貰えるパック)が貰える仕組みです。
貰えるのは少し前の物ではあるのですが、楽しめて物も貰えるなんて!

席について、始める準備をして、
そして――10時の開会式まで待機。


10時。
ツイッターもされているヴァンガードの広報さんと、
アニメでヒロイン役をされている声優の方がステージ上に登場されまして、
うおーうおーと拍手ですね。
簡単な開会宣言と共に、会場内の全ての試合が同時にスタート!
「スタンドアップ ヴァンガード!」
というのがゲーム開始の口上なのですが、
アニメ内の主要キャラの一人が、ヴァンガードの前にザをつけるのに倣ってか、

「スタンドアップ THE ヴァンガード!」

と老若男女が元気よく宣言して開始です。

結果としまして、わたしは6試合ほどしました。
1試合約20分で、2時間程ということですね。
3試合1セットだったので、1セットごとにデッキを変えてプレイ。

最初のデッキは「PR♥ISM-P ラブラドル」を主軸とした
「PR♥ISMデッキ」
でした。
攻撃力を増大させるラブラドルで相手にダメージを与えて、
横に並べた子たちで相手の横に並べた子たちを倒すというコンセプトのデッキです。

より偏見を込めて説明しますと、
PR♥ISMというアイドルグループに所属する看板アイドルのラブラドルは、
効果がチームメンバーにしか適応されないという
排他的なアイドルなのですが、
PR♥ISMでないカードを少々入れています。
そのカードたちはラブラドルをより輝かせるための効果を持っているのですが、
ラブラドルからは感謝されるどころか疎まれて、
PR♥ISMのメンバーからステージの奈落(捨て札置き場)に落とされた揚句、
そのまま日の目を見なくなってしまうという苛烈な世界を繰り広げるデッキです。
ただそのなかで「ウェッデル」というカードだけはチーム外にも関わらず、
ラブラドルさんからは一定の信頼を得ています。
PR♥ISMのお手伝いをしてくれる上に、
よそ者を舞台裏(手札)に送り返す仕事をしてくれるからです。
また、「PR♥ISM-S コロ」は仲間が舞台裏に戻ったら、
いっしょにこそこそついて行って舞台裏にひっこんじゃうという
引っ込み思案系アイドルなのですが、
彼女はその嗜虐心をそそる容姿からか、
相手を強制的に排除する系の能力を持ったカードからよく対象に選ばれます(本当)。

ちなみに、結果は2勝1敗でした。

もう一つのデッキは、同じアイドルのデッキで、
「ベルベットボイス レインディア」を主軸とした「レインディアデッキ」でした。

こちらは、レインディアの持つ特殊な効果を生かすために構築していて、
連続攻撃をテーマとしたデッキになっています。

偏見を込めて説明しますと、
数百年に一度の逸材と言われるソプラノボイスの持ち主であるレインディア(公式設定)の、
人も動物も魔物でさえも聞き惚れてしまう歌(公式設定)に合わせて、
ステージ上のアイドル達が立ち替わり入れ替わり踊りを披露するというイメージです。
彼女は、攻撃時のドライブチェック(デッキトップを捲って手札にカードを加える行為)で、
グレード3のカードが出た場合、隣とかに置いてるカードを1枚手札に戻して、
手札から1枚選んで召喚することができるのですね。
攻撃後のカードを選択して再召喚等することで、もう一度攻撃できる! という感じ。
しかも、バミューダ△のカードたちは、登場時や手札に戻ったときに誘発する効果持ちが多いので、
その効果をどんどん使っていってゲームを進めると言う感じです。
上品かつ物静かなレインディア(公式設定)ですので、
あまり派手な立ち回りとはならないのですが……。
リアの子たちの様々な魅力に、相手プレイヤーは思わず見惚れてダメージチェックを忘れてしまいます。
プレイヤーであるわたしも、攻撃が終了するまでに効果をどんどん重ねて使っていっちゃうので、
次に何をするのか忘れてしまいます。
そんな魅力が、レインディアにはあります。よくわからない。

ちなみに結果は、2勝1敗でした。

合計、4勝2敗でした。
強者たちは公式大会の方に出ているとは言え、なかなかの成績でした。


13時。
午後からはトリオという3人団体戦がありました。
これは勝っても負けても3回でカードファイトパックが貰えるというだけなのですが、
会場で見かけた知り合い(ショップでよく遊ぶ人たち)を誘って、
参加してみました。
がやがやと楽しかったのですが、
3回やって、3回とも敗北!
3人がそれぞれ、1度ずつ勝利するという結果になりました。
戦うのは個人なのですが、他人の勝ち負けが勝敗に影響するという面白さがありました。


14時。
声優の方とヴァンガードで遊ぼう! のコーナー。
ステージ近くにいる人たちが声優さんとジャンケンして、
勝ったら戦えるというイベントです。
2回行われたのですが、なかなかどうして勝てるものではなく、
1回戦目は近くで観戦し、
2回戦目はトリオでチームを組んだ方とフリーコーナーで延々と遊んでいました。

声優の方が使用したのは、アニメでヒロインの子が使っているデッキ。
アニメ内ではカードを使用するときに口上を言ったりするのですが、
その子は妙に口上が長いこともあり、カンペを用意しての登場でした。
立ちまわりに関しては玄人とまでは行かないものの、
素人とは決して言えない確かなもので、2年間もやってたら流石にすごいなーと感心させられました。
しかも、ステージ上で行うという状況下で、
エンターテイメントとしても十二分な盛り上がりを見せてくれるプレイングでした。
口上も、噛んじゃって会場が笑いに包まれたりもしましたが、
キャラの声で演じてくださったのは、なんだか良い体験でしたね。

1回戦目の対戦相手は「グランブルー」を使われていました。
グランブルーというクランは、墓地利用を主としたデッキなのですが、
長い間強化されておらず、しかもプレイングが難しいこともあり、
利用者があまりおりません。
個人的にはすごく興味があるものの、作っていない感じです。
試合中も落ち着いたプレイングで、使いこんでるなーと感心させられました。
実況をしていた広報の方も、
盤面の展開の仕方などを見ていて、
「わかっているな!」とすごくツボだったと仰っていました。
次のターンの展開の仕方まで計算して、盤面を構築していたんですねー!
と楽しそうに実況されていて、ちょっと可愛かったです(男性の方ですけども)
結果は、グランブルーさんの勝利。
山場ありの素晴らしいファイトでした。

2回戦目の対戦相手は「ネオネクタール」の銃士使いの方でした。
午前のときに対戦して、ぼこぼこにされた強い方なのですが、
残念ながら試合自体は見てません。
ただ、時折ステージの方からおおーやら拍手やらが起こっていたので、
素晴らしいファイトを展開されたものだと推測されます。

その後閉会式とかあって、
知ってる方とのんびりと話したり歩いてご飯食べに行ったりして、
帰宅しましたとさ。


初めての参加でしたが、なかなかどうして楽しかったです。
思ったよりも人がいてびっくりしたり、
大学時代に行ってたショップで遊んでた人がいたので挨拶したりだとか、
出会いの場でもありましたね。

カードゲームはデッキさえ持っていれば、
知らない人とでもわいわい遊べるのが良いところだと思います。

ちなみに、初心者向けの講習コーナーもありまして、
お父さん世代の方やらお子様やら、
スタッフの指示に従ってファイトをしていたりして、
ほのぼのした気分になりました。
公式ページで日程等調べてもらって、近場であるようなら、
ひょっこり行ってみたらいいんじゃないかな!


最後に、写真とってもいいよコーナーにあったおっきなイラストをぺたり。
ヴァンガード

別窓 | リアル徒然 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<チャイナに行っちゃいな。 | 適当でのんびりな恐竜。 | 今日買った漫画の感想。>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 適当でのんびりな恐竜。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。